メニュー

その他循環器科疾患

その他循環器科疾患 | 大津市の内科・循環器科。検診、特定健診、生活習慣病、心臓病 | 大西医院
大西医院 > その他循環器科疾患

その他循環器科疾患

心筋症

肥大型心筋症

心臓の壁の筋肉が厚くなる病気です。厚くなった筋肉の収縮を落とす等の特別な治療が必要になる場合がありますが、しかし多くの方は予後良好で治療は必要ありません。

拡張型心筋症

心臓の筋肉の動きが悪くなる病気です。放置すると予後が悪いことが多く、精密検査を行った後にきめ細やかな治療が必要になります。

弁膜症

心臓内で血液が効率よく移動するように4つの弁が働いています。その弁の病気です。心臓内での血液の移動が上手くいかなくなります。

ほとんどの場合で治療は不要ですが、経過観察、生活制限や薬物療法が必要になる場合があります。薬物療法でも十分な治療が達成できない際には手術(風船で弁を膨らます、弁を形成する、人工弁と交換する等)も検討します。

先天性心疾患

生まれつきの心臓の病気です。自然に治る方もおられれば、手術することも難しい方など病状は様々です。

動脈瘤

身体に血液を送る血管(動脈)がこぶのように腫れる病気です。破裂すると救命が難しいため、血圧を十分に下げたうえで定期的な経過観察が必要です。 大きさや形から破裂の危険性が高い場合は、手術が必要になります。

肺塞栓症

下肢の静脈(身体で使用した血液を心臓に戻す血管)内に血の固まりができて、その血の固まりが流れて肺の血管に詰まった病気です。急な呼吸困難や胸痛等を起こします。一時エコノミークラス症候群と言われていました。新潟中越地震で長時間車内泊をした方で多発しました。

深部静脈血栓症

下肢の大きな静脈に血の固まりができる病気です。足のむくみを起こし、上述の肺塞栓の原因となることもあるため、多くの場合治療が必要になります。