メニュー

院長挨拶

院長挨拶 | 大津市の内科・循環器科。検診、特定健診、生活習慣病、心臓病 | 大西医院
大西医院 > 院長挨拶

院長紹介

当院のホームページをご覧頂き大変ありがとうごいます。院長の大西和彦です。
当院は昭和2年に私の祖父(耳鼻咽喉科)が開院し、父(学校心臓検診の創始者)に引き続き私が3代目の院長となります。
循環器の専門性を生かした上で、一般内科にとどまらず全科にわたり、当院で可能な疾患は当院で、他院を受診された方がよい場合は速やかに紹介するような医療の提供を行っていきたいと考えています。

院長 大西和彦

経歴

昭和60年 京都府立医科大学卒業
京都府立医科大学第二内科(現循環器、呼吸器、腎臓内科)研修医
昭和62年 済生会滋賀県病院内科医員(内科全般、救急患者の診療)
平成 1年 京都府立医科大学第二内科大学院
(運動負荷試験、心臓病患者の運動能力の研究、心臓カテーテル治療、心臓超音波検査など)
平成 5年 京都市健康増進センター(運動療法などによる生活習慣病予防)
学位取得(労作性狭心症患者における嫌気性代謝閾値の検討)
平成 7年 大西医院勤務
平成 8年 大西医院院長

専門医・認定医

日本循環器学会専門医
日本内科学会認定医
日本プライマリーケア学会認定医
日本医師会認定健康スポーツ医
日本体育協会公認スポーツドクター
日本医師会認定産業医
滋賀県警健康管理医
NHK大津放送局産業医
協会けんぽ産業医
滋賀保険研究センター精度監理委員(循環器)

連載コラム

京都新聞 「くらしと健康」

  • 生活習慣病の100点の食事(2003年11月23日)
  • 中年からの運動と心臓(1995年11月20日)
  • 血圧測定で一喜一憂(1998年5月31日)
  • 「お薬は?」「切れています」(1999年1月24日)
  • 家の血圧計では高くないのに(1997年2月2日)
  • どうして血圧が高いといけないの?(1996年11月17日)
  • 夜中のトイレ(1997年12月14日)

産経新聞 「家庭と健康」

  • 副作用が怖くて薬使っていません(2003年11月12日)
  • 血液検査を受ける時(2004年7月7日)

朝日新聞 「すこやか家族」

  • 症状のある病気 ない病気(1998年12月23日)
  • 心臓病は運動してはいけないの?(1997年5月14日)
  • 心電図と心臓病(1999年2月17日)
  • 血液検査と基準値(2000年10月5日)

朝日新聞 「健康手帳」

  • 心臓肥大にもいろいろ(1997年8月13日)
  • 高血圧の薬は一生飲むの?(1997年1月15日)

中日新聞 「くらしと健康」

  • 減塩しなさいと言われたが(2004年6月2日)
  • 薬のおすそわけ(2004年4月28日)
  • 家庭の医学書(2004年8月25日)