メニュー

脳梗塞・脳出血

脳梗塞・脳出血 | 大津市の内科・循環器科。検診、特定健診、生活習慣病、心臓病 | 大西医院
大西医院 > 脳梗塞・脳出血

脳梗塞・脳出血とは

  1. ともに脳に行く血管の障害により、死に至ることもある病気です。命に別状が無くても麻痺などの後遺症を残すことがあります。
  2. 動脈硬化や不整脈などにより、脳へ行く血管に血の固まりが詰まる病気が脳梗塞です。
  3. 脳の中で血管が破れて出血するのが脳出血です。
もう少し詳しく知りたい方へ

なぜ脳梗塞・脳卒中は起きるのか?

脳は大量の酸素や糖分を消費しています。
その脳に行く血管に異常が生じて、脳に酸素や糖分が供給されないと、脳細胞が死んでしまいます。
脳梗塞と脳出血には、血管の異常の生じ方に違いがあります。

脳梗塞

脳の血管が詰まって、細胞が死んでしまう。

脳出血

血管が破れて、脳内で出血が起こり、その部分の脳細胞が死んでしまう。

命の危険性

脳梗塞、脳卒中ともに、命を落とすことがある病気です。
命は落とさなくても、麻痺、知覚の異常など、様々な後遺症を残すことも多いです。
回復後も、リハビリを行い、再発予防の治療を気長に続ける必要があります。

脳梗塞の原因と治療

原因

動脈硬化、ある種の不整脈などがあげられます。

予防・治療

動脈硬化の進展を食い止める、原因となる不整脈を起こりにくくする、血液をサラサラにする

前兆

脳梗塞の場合、前兆がでることがあります。
一時的に血液の流れが落ちたり、血管に血の固まりが詰まってもすぐに溶けたりした場合、症状が出現してもすぐに消えていきます。
このような場合は、引き続き脳梗塞を引き起こす可能性が高いため、すぐに治療を開始することが必要です。すぐに神経内科医に紹介します。

脳出血の原因と治療

原因

脳の血管の動脈瘤の破裂が原因となることが多いです。

治療

破裂した場所や状態に応じて、開頭手術を行う場合があります。
また、手術をしないで保存的治療が行われる場合もあります。
ともに、発症後は、十分に血圧を下げる治療の継続が必要になります。